肌トラブルを改善日誌ぶろぐ

毎年、梅雨と言えばカビを思い浮かべる方

毎年、梅雨と言えばカビを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。気温が高く、湿度も高い。そんな環境では、私達の肌の常在菌も増えやすくなってしまうのです。


マラセチア菌と呼ばれる真菌に起因すると言われる一般的に「でん風」と言われている症状は、身体のどこにできてもおかしくありません。皮膚が茶色くなり、シミのようになるでん風や、色素が抜けたように白くなるでん風もあるのです。


毎度のシミとは何かちがうかな?と思われたら、皮膚科を受診された方がいいでしょう。シミ、雀斑などの肌の老化トラブルをわずかでも薄くできたらと思って、美容液(ビタミンC誘導体配合)を使いはじめました。



毎度の洗顔をしてから、美容液を指先にのせて、シミが出来てしまった部分にトントンします。



使い続けて約一ヶ月くらいで、コンプレックスだったシミが少し薄くなってきたのがわかって、かなり喜んでいます。大人の肌に相応しい肌ケアをするようになって気づいたことがあります。


具体的に言うと、表皮が薄かったり、シワがなくても肌が硬いと、早くシワを招くということです。逆に柔らかいほど後々シワができにくいのです。若いうちにツルッとしているのは当たり前。将来のことを考えれば気をつけなくてはいけないでしょう。
私はサロン勤務の姉に勧められて夏に炭酸水洗顔をはじめて、秋からいままで市販の炭酸パックを使っていますが、パック後の肌のプルプルが長く維持できるようになってきてからくすみ・シワ・たるみが目立たなくなりました。

アンチエイジングって肌の色、ハリ、シワ、ツヤなど複合的な効果なんですね。



紫外線を同じ時間浴び立とします。しかし、それによって現れてしまうシミは個人差があります。要するに、シミに出やすいタイプの肌があるのです。



具体的な話では、白くてきめの細かい肌質の事です。

見分け方についてですが、夏場など、日焼けした時に黒くならず、赤くなってしまう人がそのタイプです。美しい肌はデリケートですから、注意が必要でしょう。



以前、美白に重点を置いたスキンケア製品を活用していましたが、肌にそぐわなくなり、保湿とアンチエイジングを重んじる製品へチェンジしました。化粧水が2種類あるのに最初は当惑しましたが、冬のピークでなければ洗顔後のスキンケア方法はこれのみでOKです。

冬場には晩のケア時にクリームを塗布するだけという簡単なものになりました。



飲酒も、適量なら血行を良くする効果があり、お肌のためにも役にたちます。

酒粕のパックはよく知られていて、美白に良いと言われています。

酒粕をちぎって細かくし、容器に入れて水を加えてペースト状にし、すりつぶして固まりが残らないようにします。
垂れない固さになるまで小麦粉を混ぜ、なめらかにして、酒粕パックの完成です。

ただ、酒粕の匂いが不得手な方は止めた方がいいでしょう。
シミに悩む人にとって最大の敵である紫外線ですが、あまり知られてはいませんが、ホルモンバランスの乱れもシミに大きな影響をもたらしているのです。
実例の一つと言われているのが、近年、CMなどで耳にすることが多くなった「肝斑」になります。


ホルモンバランスの乱れによるシミの一つがこの肝班で、特に妊娠中とか出産後に多くみられることが今や周知の事実です。



肝斑の発症を促す他の原因として、ピルの服用が挙げられ、その治療は紫外線によるシミにくらべて困難であるという点が特長として知られています。芸能人の肌をテレビで見るとシミなど見当たらない、美しいものです。

でも、やはり人間は人間ですから、実は、肌の調子が悪い事もありますね。

持ちろん、人前に出てこそのしごとですので、悩みを解決するために、他人よりもずっと努力を惜しまないでしょう。そのやり方を参考にしてみれば、日々の肌のお手入れに活かせるかもしれません。



敏感なお肌へのケアをおこなう場合には、肌が乾かないようにするため、十分に湿らせる事が必要です。
保水には各種の手たてがあります。

保湿専用の化粧水やクリーム等が多数揃っていますし、コスメ、メイク用品にも保湿効果の高いものが存在します。
人気の保湿効果が高いセラミドが入っているスキンケア商品を使うのもいいでしょう。



毛穴、中でも鼻の毛穴に目立つ角栓があるととても気になってくるものですよね。
だからといって、洗顔時に無理やり取り除こうとすると、かえって、お肌を傷つける怖れもあるので、その方法はお奨め出来ません。
ピーリング石鹸のようなものを使って角栓を入念に取り除くようにしたらいいでしょう。ただし、使い過ぎるのは逆効果となるので、一週間に二回までの使用にして下さい。
Copyright (C) 2014 肌トラブルを改善日誌ぶろぐ All Rights Reserved.